前へ
次へ

レンタルのウェディングドレス利用者の増加

昨今の日本では結婚しない層の増加や晩婚化が社会問題となっており、結婚する層に於いては長引く不況を反映する形で、所謂地味婚や入籍のみで済ませるケースが増加傾向にあります。
しかしながら、世の女性の中には幼少の頃ウェディングドレスを着て、お嫁さんになりたいと言う夢を思い描いた方は少なくありません。
色々な都合もあり地味婚や入籍のみで済ませる層の方の中にも、幼少の頃の夢を持ち続けている方は多く、最近利用者が増えているのがレンタルのウェディングドレスです。
派手な結婚式や披露宴はしないけれど、ウェディングドレスを着て記念写真やポートレートを撮り、思い出として残すと言うものです。
新生活の門出であり人生の節目となる結婚に花を沿えて一生の思い出として、レンタルとは言えウェディングドレスを身に纏った写真や映像は、夫婦間だけでなく今後生まれるであろう子どもや孫にも受け継がれていく、大事な宝となる事は間違いありません。

Page Top